• http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=3343
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=3349
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2768
  • http://fish-man.wizspo.jp/page1/
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2976
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2888
  • http://fish-man.wizspo.jp/page2/
  • http://fish-man.wizspo.jp/page1/
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2888
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2767
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2770
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2769
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2768
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=3083
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=3030
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2725
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2771
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2726
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=2727
  • http://www.yaizu.gr.jp/
  • http://www.yaizu.gr.jp/stay/default.asp
  • http://jc.yaizu.net/
  • http://wizspo.jp/
  • http://www.city.yaizu.lg.jp/
  • http://fish-man.wizspo.jp/fp/?n=4390

写真はじめまして、救急救命士の五十嵐です。

夏場の耐久レースでは、熱中症との闘いもかなり白熱することが予想されます。
参加者の皆さまが暑さに打ち勝ち、熱中症にならずにゴールできるよう、熱中症対策のポイントをいくつか紹介したいと思います。




写真



写真 POINT 1 : 体を暑さに慣れさせる

トレーニング期間の初めからトップギアに入れないことが大切です。
体が暑さに慣れるまでの1週間くらいは、短時間で軽めの運動から始め、徐々に運動量を上げていきましょう。
また、気温や湿度が高い時には運動量や運動の継続時間を調節して下さい。
このとき、チームでトレーニングする場合は、体力の低い人を基準にして練習メニューを設定しましょう。


写真 POINT 2 : 水分摂取の知識をつけよう

運動時は水分を摂取するのと同時に、塩分を摂取することが非常に重要です。
スポーツドリンクの場合は、100ml中にナトリウムが40~80mg含まれているのが理想の目安です。
運動量が多い今回の場合は、適度な糖分を含んでいる方が疲労回復に役立ちます。
そして、その飲料の温度は、5度~15度が望ましいです。
大会当日はいつもより多めの飲み物と、クーラーボックスが必須になります。


写真   POINT 3 : 熱中症対策グッズは万全に

飲み物の準備に加え、保冷剤、うちわ、霧吹き、たくさんの着替え、多めのタオルがあると休憩中に
体温を下げるのに効果的です。


写真   POINT 4 : 前日の飲酒は厳禁!!

前日に飲酒すると、熱中症になるリスクがグンと高くなります!!
アルコールの摂取は、体の利尿作用をはたらかせるため、いつも以上に脱水状態になります。
脱水状態は熱中症になるリスクを上げるだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞などの
重篤な急病のリスクもあげることになります。
皆さん、前日は飲みたい気持ちをぐっと抑え、睡眠をしっかり取ってレースに備えて下さい。



写真
  


写真   POINT 5 : 皆で体調チェックをしよう

大会当日は、チーム内で体調チェックを行ってください。
体調の優れない方の負担を減らし、調子の良い方がたくさん走れるような「作戦」を考えてみてはいかがでしょうか?
もしも、こむらがえりや、頭痛、めまい、吐き気、立ちくらみ、倦怠感などが現れていたら、熱中症のサインです。
直ちに救護スタッフまで声をかけて下さい。


写真   POINT 6 : 休憩中も勝負中!

レースの休憩中は「体温を下げる」「水分摂取する」こと。この2点を意識して行って下さい。
特に体温を下げる効果的な方法は、体幹部(わきの下、首、股)を冷やすことです。
体の表面の冷却は、しっかりと汗をふき取った後に霧吹きなどで水をかけ、
うちわで扇いであげることが効果的です。
また、汗をかいて、熱がこもったウェアもこまめに着替えましょう。





写真当日、わたしたちが皆さんをサポートします!!

FISH MAN RACE救護チーム
株式会社ピースフル
特定非営利活動法人ユニバーサル・レスキュー・ジャパン

救護チームは株式会社ピースフルとNPO法人ユニバーサルレスキュージャパンの協力により構成されております。 

■業務実績
・湘南国際マラソンなど、マラソン大会多数
・野外音楽イベント( a-nation )
・夏期海水浴場救護業務など

■救護体制
大会当日は熱中症の多い現場での救護業務実績が多数ある、
医師、救急救命士、ライフガードが皆さんの安全をサポートします。コース上でのもしもの時は、3分以内にAEDの使用が出来るよう、自転車に乗車し各ポイントで待機をしております。体調に関して何かお困りの事がありましたら、声をおかけ下さい。
目印は、オレンジ色の「救護」ビブスです。
 


    参加者の皆さん、安心して、死力を尽くしてください!
                   
~ 救急救命士五十嵐より ~